Vivaldiへの移行と設定

ブラウザをKinzaからVivaldiに移行した。スーパードラッグ非搭載がネックだったが、他がますます多機能化していたのでもう戻れない。

Webブラウザに求める条件

以下が標準搭載である事。

  • マウスジェスチャ
  • スーパードラッグ
  • サイドバー
  • 検索バー

拡張機能による実装は動作の安定性が低い。そして現状全てを満たすモダンブラウザは無い。16年前のSleipnir1.66を超えるブラウザが未だに存在しない。

Kinza検索バーなし
Vivaldiスーパードラッグなし
Cent Browserサイドバー・検索バーなし

データ移行

Kinza・ChromeはGoogleアカウント、Vivaldiは独自アカウントの為、ユーザデータは同期出来ない。Chrome等メジャーブラウザから「ブックマーク・履歴・パスワード」のみインポート可能。

Kinzaと同期しているChromeのパスワードをインポートしたが反映されず。
Kinzaから「ブックマーク・パスワード・拡張機能」を手動で移行する。

ブックマーク

Kinza
kinza://bookmarks > ︙ > ブックマークをエクスポート

Vivaldi
メニューファイル > ブックマークと設定のインポート
インポート元にブックマークHTMLファイルを選択、エクスポートしたhtmlを開く。

パスワード

Kinza
kinza://settings/passwords > ︙ > パスワードをエクスポート

Vivaldi
vivaldi://flags > Password importEnabledに変更、再起動
chrome://settings/passwords > ︙ > インポート

拡張機能

おそらく以下の方法で可能だが、拡張機能の整理も兼ねて手動でせっせと移行してしまったので未確認。次の機会に試す。

ブラウザのユーザファイルから関連フォルダをコピーし、設定ファイルを編集する。
参考: Chrome機能拡張の設定をVivaldiに移行する方法

2016年時点の情報で、現在はPreferencesファイルの内容が変わっていた。

C:\Users\(ユーザ名)\AppData\Local\Kinza\User Data\Default
上記フォルダのExtensionsLocal Extension Settingsフォルダを
C:\Users\(ユーザ名)\AppData\Local\Vivaldi\User Data\Default
にコピー。

同フォルダのPreferencesファイルを開き、"extensions":{"alerts":}間をVivaldiの同ファイルの該当部分に上書き。
Secure Preferencesファイルを開き、"extensions":{"settings":}間を上書き。(2箇所あるのでおそらく2箇所)

VSCodeで開き、ステータスバープレーンテキスト > JSONに設定すると読みやすくなる。

機能と設定

リンク内テキストの選択

最も嬉しい基本機能。リンクテキスト内をドラッグして一部選択が出来る。
コピー/検索したいキーワードがリンク内にある時に他から同じキーワードを探したり、ブロック全体がリンクになっている時に範囲ギリギリを攻めて前後ブロックまで選択されたりするストレスから開放される。
全てのブラウザで可能になって欲しい。

カスタムCSSでUI調整

設定 > 外観 > オリジナルカスタムUIで独自CSSのフォルダを指定。
あらゆる箇所のデザインを調整出来る。

ブックマークバーを大アイコン+小テキストに

スーパードラッグ実装

前述の通りスーパードラッグが無い為、拡張機能smartUp Gesturesで補う。
選択テキストで検索、リンクをバックグラウンドで開くなど設定出来る内容に不足は無いが、

  • chrome://で始まるページには効かない (拡張機能のオプション等)
  • 画像リンクを開けない (設定のAs an image, if the Link contains an imageオフでも変わらず)
  • リンクをバックグラウンドで開き、現在のタブを閉じた後、開いたタブに移動しない

全てブラウザ標準搭載であれば起こらない問題。

画像リンクを開けないのは致命的なので、リンクを長押しで開くLong Press New Tabを併用する。
→21/4/16、ストアのポリシーに反するとしてストアから削除される。他に使えそうな拡張も無いので、background.jsとcontentscript.jsの怪しい部分を消して再度有効化。

スペルチェック無効化

Vivaldiの設定画面に無いので、chrome://settings/languagesにアクセスしてスペルチェックをオフ。

課題

ページ読込時のラグ

ページを開く時に一瞬チラつき、ラグがある。
随所に他ブラウザにはない不安定さがある。

開発者ツールの挙動

フォントサイズをCtrl + ホイールで変更出来ない(他のChromium系は可能、記憶される)。
Ctrl + -/+での変更はWebページと連動してしまう(他はしない)。

DLパネル

Chromium標準のDLバーの代わりにDLパネルが開く。
DLの度にサイドバーが開いたりアクティブパネルが変わるのは邪魔だし、開かない設定にするとDL状況が確認出来ない。
拡張機能でDL完了時に閉じられるDLバーの方が便利。