BlenderでVR用360度画像を作る

Blenderのシーンを360度画像に書き出し、NeosVR等のワールドのSkyboxに適用する。

レンダリング (Blender)

シーンの原点にカメラを追加し、高さと向きを調整。

レンダー > レンダーエンジン: Cycles
カメラ > レンズ > タイプ: パノラマ状、パノラマタイプ: 正距円筒図
出力 > 解像度X: 4096、Y: 2048 又は2840x1600(画像容量を考慮)

F12でレンダリングして画像を保存。

ワールド設定 (NeosVR)

ワールドのインスペクタを開き、Skyboxを探す。
ファイルブラウザ等からレンダリングした360度画像をインポートし、Skyboxの画像テクスチャに適用。

Neos以外はUnity等でSkyboxに適用する。

ついでにWordPressプラグインWP VRでWebプレビュー。