ノベルゲームのルート制限

多くの作品に初回プレイで真相EDに到達させないようルート制限がかけられている。
プレイヤーが正解を分かっていてもその選択肢が選べない為bad行きとなる。
試行錯誤ではなくプレイ回数によるゲーム進行という、レベルデザインの放棄だ。
理不尽だが、それによってプレイヤーに理想的な物語を体験させられるならまだいい。

推理ADV端木斐异闻录のDLCシナリオをクリアした。
事件を解決してもED実績が出ないので、何か選択を間違っていて他にトゥルーEDがあるのだと思い最初からやり直したが、そうではなかった。初回は正解しても不完全なEDになる仕様で、試しに初回プレイの最終データをロードして全く同じ推理をしたら2回目はトゥルーEDになった。単なる時間の無駄だ。トゥルーEDと言っても同じ結末に少し追加テキストがあるだけで、初回で正解したプレイヤーに読ませない理由が分からない。いわば初回で正解した罰と言える。

何の為にルート制限を設けるのか考えるべきだ。