音量管理ソフトVolume²

Volume²
ノブ付きキーボードで任意の再生デバイスの音量を操作する為に使い始めたが、その他にも以前から困っていた諸々が解決した多機能音量管理ソフト。

機能と設定

規定の再生デバイス以外の音量操作

Voicemeeter等の仮想ミキサを通していて「規定の再生デバイス」が実際の再生デバイス(スピーカ)と異なる場合、Volume+/-でスピーカ音量を操作出来ない。
Volume²は規定のデバイスを変更せずに操作するデバイスを指定可能。

  • 設定 > メイン > オーディオデバイスで任意のデバイスを設定

音量変化量の設定

USB-DACのボリュームノブの変化量を上げる為に欲しかった機能。

  • 設定 > メイン > 音量変化率でステップを設定

音量操作時に出るOSDの変更

通常左上に出てなかなか消えないOSDを、好きな位置に・好きなデザインで・好きな時間だけ表示出来る。無効化も可能。
出てもいいが、画面左上を操作したい時に消えるのを待つのがストレスだった。

※あのOSD自体の名前をなぜか「ハードウェアメディアキー」だとした書き込みがあり、そこから影響が広がって複数の記事であれが「ハードウェアメディアキー」だと紹介されている。どう考えてもハードウェアでもメディアキーでもないので冷静に考えて欲しい。

トレイアイコンから既定の再生デバイスの確認・変更

VRとデスクトップで出力先が自動切替されていない時などの為。
大抵の音量管理ソフトで可能だが、Volume²は録音デバイスも変更可能。

  • トレイアイコン右クリックでデバイス表示

タスクバーやデスクトップ上でのホイール上下で音量操作

左手でノブ回すより速いまである。他にもウィンドウキャプション上でのホイール等。
1つしか選べないのが惜しい。

  • 設定 > マウス > マウスホイールの回転で有効にする場所を選択

スケジュール機能

日時や曜日を設定して音量操作のみならず、通知を出したりプログラムを起動出来る。

毎日ちょっとしたリマインドの為のアラームを設定していたが、Windows標準のアラーム&クロックは止めるまで鳴り続ける。タスクスケジューラは管理しにくい。Vivaldiのアラームは繰り返し設定が無い。専用ソフトを常駐させたり、タスクやカレンダーに登録する程ではない。と困っていた所、「シンプルに通知音を一度だけ鳴らす」アラームがなぜか音量管理ソフトで実現出来た。

課題

音量ミキサは無い

独自のミキサ画面は無く、Win標準の使いにくい「音量ミキサー」が開く。
アプリ別調整をよく行う場合はEarTrumpet等を併用する。