VRoidの袖ウェイト修正

ロングコート型紙の袖に手や指のウェイトが付いており、激しく捻れる問題。

悲しき袖…
handボーンの影響

Blenderのウェイトペイントで修正する。

使用ツール

ウェイト修正

  1. メニューファイル > インポート > VRM
  2. ボーン選択後、モデルをShift + クリックで選択し、ウェイトペイントモードに入る
  3. シェーディングをワイヤーフレームに変更
  4. ヘッダでビューポートオーバーレイを設定
    • ウェイト0: アクティブ
    • ウェイトの等高線表示: オン
  5. ツールタブでブラシを設定
    • ブラシ設定 > 減衰: 一定
    • オプション > 自動正規化: オン
  6. 片側の前腕ボーンをCtrl + クリックで選択し、袖が完全に赤くなるまで塗る
    • 袖が手に被っていない単純形状の場合、手塗りより確実な方法
      1. ヘッダー頂点で選択アイコン、ツールボックス選択ボタンをクリック
      2. 袖を広めに範囲選択 (手首~前腕半分程)
      3. ヘッダーウェイト > ウェイトを設定
      4. ウェイト > クリーンを実行し、以下に設定
        • 使用部分: 全グループ
        • 制限: 0.990
  7. 手首ボーン選択後、Rで回転して動作確認
  8. 逆のボーンも同様に塗る※
  9. メニューファイル > エクスポート > VRM

ボーン名の末尾が.Lや_Lではない為ミラーが効かない

修正前
修正後

各プラットフォームのアバターを差し替える

やったぜ。

VRMを出力し直した場合はウェイト転送で修正済モデルからコピーする。

ウェイト転送

  1. 新モデル(転送先)、旧モデル(転送元)の順にインポート
  2. 新モデルのBodyにデータ転送モディファイアを追加
    • ソース: Body.001
    • 頂点データを有効化、展開して頂点グループを選択
    • マッピング: 最近接面の補間
  3. モディファイアを適用
  4. アウトライナーでArmature.001を右クリック、階層を削除
  5. Armatureを選択し、メニューファイル > エクスポート > VRM