孤独のVR

VRChat等のVRSNSで遊びたいけどいきなりオープンな場に放り込まれたくない、一人で探索したい、ゲームを起動してまずOPTIONを選択するタイプの人向けの始め方。
海外SNSはまず知らん奴と話してみろというスタンスなので、気を抜くとパブリックに放り込まれる。

自分がまず知りたかったクローズドなワールドの入り方、ミュートの設定方法、テレポート移動の設定方法を書いておく。(ボタン操作はVR機器によって違うので、とりあえず押してみてメニューを開こう)

新しい世界に行く時はね 誰にも邪魔されず自由で
なんというか救われてなきゃあダメなんだ 独りで静かで豊かで…

VRChat

ワールド

ログイン時の空間(ホーム)は安全だが、いくつかウニョウニョしているポータル(扉)はパブリックの罠。入ると外国人に追いかけられる。

(RiftS: 上ボタン)メニュー > Worldsで適当なワールドを選択。ワールド画像下の[Go]はパブリックの罠。
左下New Instance > Invite Onlyで自分用のインスタンスを立ち上げる。その後Go。これで招待しない限り誰も入れない。

まずは解説が充実している[JP] Tutorial world(“JP”で検索)をInvite Onlyで見学するとよい。誰かに教えて欲しい時は既存のインスタンスにGo。

ミュート

メニュー画面左下のマイクアイコン(緑)を押す。ミュート時は画面に常にマイク斜線のミュート表示が出るので安心。
(RiftS: 上ボタン)メニュー > Settings > Voice Options > MIC DEFAULTS ONのチェックを外すと毎回ミュート状態でワールドに入る。

テレポート

(RiftS: 上ボタン)メニュー > Settings > Comfort and Safety > HOLOPORT (3P Locomotion)にチェック。

NeosVR

ワールド

ログイン時の空間(Local Home)は安全だが、ダッシュメニューの[メタバース トレーニングセンター(チュートリアル)]はパブリックの罠。

(RiftS: 左手下ボタン)ダッシュメニュー > ワールドで適当なワールドを選択。[参加]や[セッションスタート]はパブリックの罠。
右上のワールドアイコンからカスタムセッション > プライベート(招待のみ) > セッションスタート

VRCと同じくJPチュートリアルワールド(“JP”で検索)をプライベートで見学出来る。VRCより複雑なので、基本操作に慣れたら誰かに教えてもらうとよい。

ミュート

(RiftS: 左手下ボタン)ダッシュメニュー左上×付きスピーカアイコン
又は
(RiftS: 右手下ボタン)ワールドスイッチャー* > ミュート

設定 > ワールドスイッチャー(レガシー)を有効化で使用可能。機能は削除予定

ミュート状態の保存やデフォルト設定は無く、毎回設定する必要がある。

テレポート

(RiftS: 上ボタン)コンテキストメニュー > 移動方法 > テレポート

ただしNeosはノークリップ(旧Fly)での飛行移動が一般的。自由に飛び回り障害物も突き抜けるのは最高に便利で気分が良い。
コントローラを向けている方向にスティックで飛ぶ。頭の向きに飛ぶ設定もある。設定でノークリップ速度を上げると酔いにくい。


2020.10 NeosのUIが日本語化されたので画像変更して改訂。