BlenderでVR用360度画像を作る

Blenderのシーンを360度画像に書き出し、NeosVR等のワールドのSkyboxに適用する。

レンダリング (Blender)

シーンの原点にカメラを追加し、高さと向きを調整。

  • レンダー > レンダーエンジン: Cycles
  • カメラ > レンズ > タイプ: パノラマ状、パノラマタイプ: 正距円筒図
  • 出力 > 解像度X: 4096、Y: 2048 又は2840x1600(画像容量を考慮)

F12でレンダリングして画像を保存。

続きを読む BlenderでVR用360度画像を作る

Blender覚書

選択モード複数選択

  • 頂点・辺・面選択モードのアイコンをShift + クリック

複数オブジェクトのパラメータ編集

  • 複数選択してAlt + クリックAlt + 入力

出来ないものもある

複数オブジェクトのコリジョン有効化 (モディファイアコピー)

  1. 標準アドオンCopy Attributes Menuを有効化
  2. コリジョンを有効化したオブジェクトをアクティブにした状態でオブジェクトを複数選択
  3. Ctrl + C > Copy Modifiers

クリッピング領域

  • Alt + B後、3Dビュー上を矩形選択。再度Alt + Bで解除

又は

  • ビュー > ビュー領域設定 > クリッピング領域
続きを読む Blender覚書

Blender設定覚書

プリファレンス

インターフェイス

  • 表示 > 解像度スケール: 1.1
  • 翻訳 > 言語: 自動
        影響: ツールチップ、インターフェイス

ビューポート

  • 細分化 > GPUサブディビジョン

視点の操作

  • 周回とパン > 選択部分を中心に回転: ON
          自動: 深度

アドオン

システム

  • Cyclesレンダーデバイス > OptiX: GPUのみON
  • メモリーと制限 > アンドゥ回数: 64
続きを読む Blender設定覚書